×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ぬーぼうのこだわり

ぬーぼうのこだわり

誕生物語

誕生物語

肉そばで有名な町“河北町谷地”この町にはそば屋をはじめ、おいしい店がたくさん在り町外からのお客様でにぎわいます。
しかし、この町にはらーめんの専門の店が一件もなかった。というより、生き残れなかった!
多くの方がいう「谷地はそばの町だから、らーめん屋なんて潰れちゃう」
そんな生れ故郷の土地で、 自分が食べたくなるようならーめんを作ってみたい、らーめん屋を始めたい。
そんな思いで“ぬ ーぼう”は誕生しました。店名はフランス語で“あたらしい”を意味する“ヌーボー”を基に、らーめんは中華料理ではなく、もはや日本食であるという私の考えから、子どもにも読めるようひらがなで“ぬ ーぼう”に決定し、靴屋の跡取だった私は、親の跡を継がず、平成2年4月29日“ぬ ーぼう”OPEN の運びとなりました。

麺

自家製の多加水麺(加水45%)手打ちと同じぐらい水の割合が多いです。
なぜ多加水がいいかと申しますと、水分が多いほど茹で時間が早い。
すなわち、短時間でゆでるので、本来の小麦粉の風味をにがさない、しこっと茹で上がるからです。
本来、機械ではくっついてしまうので、不可能な加水量ですが独自のノウハウで造っています。
もちろん無添加ですから伸びてしまうので出前はいたしておりません。

スープ

スープ

これまで足し算、足し算の材料でつくっていたスープを、あえて滋養鶏の丸鶏をベースに引き算で完成させたスープ。
香りが飛ばぬよう弱火で12時間かけてつくる本格スープです。
このシンプルなスープをベースに10種類以上の香味油と組み合せがございます。
いろんな味を完成させます。

チャーシュー

チャーシュー

良質な豚ロースを専用の真空低温調理したしっとりチャーシューと、脂身の美味い豚バラ肉を柔らかく煮てじっくりと特製ダレにつけ込んだ2種類のチャーシューを使い分けております。

ちょっとしたサービス

ちょっとしたサービス

店内ではらーめんがくるまでの間にちょこっとしたサービスで朝一はチャーハンだったり、お漬け物、サラダ、デザート、ナムルだったり、大人気で最近小分け販売にているキクラゲの辛しあえなど、セルフで一皿のサービスをさせていただいております。
心をこめておつくりしてますので、残さないようにお取りください。

塩

たかが塩されど塩。
塩は人間の身体にとって、かけがえのないミネラル分を補給する重要な栄養素であると同時に、味の基本です。
ぬーぼうの塩ダレは3種類の自然塩をブレンドして使っております。
らーめんの本当の味はその店の塩らーめんで食べるのがいちばん良くわかります。
女性でいえば、化粧ぬきの素顔みたいなものです。
ですから、はじめてのお客様には、是非塩らーめんを召し上がって頂きたい、これが私の本音です。